ほくろという呼び名は俗称で、医学用語では色素性母斑、母斑細胞性母斑といいます。

母斑とは、生まれるつきの「あざ」という意味です。

しかし実際はほくろは生まれたときにはほとんどありません。

直径1センチ以上の色素細胞母斑は多きすぎるのでほくろとは呼ばれず、一般には黒あざと呼ばれます。

ほくろとは何かというと、皮膚の中に点在する色素細胞が何らかの原因で脳腫化してできた皮膚の良性脳腫(できもの)と考えられています。

それでは、なぜほくろは出来るのか。

ほくろとは、母斑細胞という細胞が寄り集まったもので、これが増加するとじょじょに皮膚から盛り上がっていき、ほくろとなります。

ほくろの種類(できる時期)大きく分けて3つあります。

一つ、先天的にできたもの。

二つ、3、4歳ごろからできたもの。

三つ、大人になってから紫外線によってできたもの。

一度できたほくろは生涯持続するのが普通なので、紫外線対策を普段から行い、メラニンの生成を抑えることが大切ですね。

中には、こんなほくろに注意が必要というのもあります。

普通は悪性化することはなく、治療は必要ありませんが、なかには、皮膚がん(悪性黒色腫)の場合があり注意が必要です。

足の裏や手のひら、手足の爪に茶色や黒のしみがある。

不整形で非対称性濃淡のついたしみがだんだん広がってきた。

硬いしこりがありよく見るとくぼみや濃淡がある。

赤みがある小さなほくろがたくさんある。

盛り上がってカリフラワー状になっている。

急速に大きくなる。

出血がある。

というものは、一度専門医を受診した方がいいかと思います。