ほくろという呼び名は俗称で、医学用語では色素性母斑、母斑細胞性母斑といいます。母斑とは、生まれるつきの「あざ」という意味です。しかし実際はほくろは生まれたときにはほとんどありません。直径1センチ以上の色素細胞母斑は多きすぎるので…